いつもよりも毛穴が大きく感じるんだけど何故?対処法はある?

毛穴が大きいと感じている方がいらっしゃいます。

なぜ毛穴が大きくなってしまうのでしょうか?これでは毛穴が目立ってしまいます。毛穴が大きく見える原因というのは、一体何なのか?正しいケアをすれば、大きさは変わるのか?

今回は、毛穴が大きいとお悩みの方に対処法を伝授したいと思います!

毛穴が大きい原因とは?

毛穴が大きくなると、肌がボコボコしているように見えるので、ツヤっとした肌やすべすべした印象からは、程遠くなってしまいます。

自分の毛穴の大きさを実感する度に、嫌な気分になってしまうのです。では、どうして毛穴が大きいのか?それは、「毛穴が開いている」からです。

毛穴の大きさは「開き」と比例する

毛穴が大きいと感じている人は、実は毛穴が開いている状態だったのです。毛穴が増えてしまったのではないか?と勘違いする人もいるのですが、毛穴が増えるということはありません。生まれてからずっと同じ数の毛穴で生きています。

つまり、毛穴が大きくなったと感じるのは、増えているからではなく「毛穴が開いている」からなのです。

毛穴が、なんらかの理由で開いてしまうと、ポコポコしているように見えてしまい、クレーターの集まりのようになってしまうので、毛穴が大きくなっているように感じるのです。

毛穴が大きくなると、少しだけその部分がくぼんでいるように見えるので、顔に影ができたように見えてしまいます。すると、顔全体がくすんでいるように見えて、暗い印象を与えてしまいます。

毛穴が開く原因と解消法

毛穴の大きさは変わらないはずなのに目立つ

毛穴が大きい、目立つと感じる人は多いです。しかし、目立っている毛穴と、目立っていない毛穴の大きさを比べてみると、ほとんど同じ大きさです。それでは、なぜ大きさが同じ毛穴なのに、大きく見えたり、目立って見えたりするのでしょうか?

それは、よく見てみると毛穴の周りが盛り上がっているからです。毛穴が強調されているように見えるので、毛穴が大きく見えたり、目立っているように見えたりするのです。

毛穴の周りに細胞が異常増殖してしまうことがあり、そうなると毛穴の周りだけが盛り上がった感じになります。

皮膚に常在する菌が皮脂を分解して出てくるオレイン酸や、洗顔で肌を摩擦したときなどに、細胞を活発にしてしまい、毛穴の周りの細胞が増殖してしまうのです。

小鼻の毛穴だけが目立つのはなぜ?どうすればキレイになる?

毛穴の大きさが遺伝の場合

実は、最初から毛穴のサイズが大きめの人もいます。毛穴から毛が出ているのですが、その出口付近は皮脂腺があり、そこから皮膚に脂を送って、肌の健康を保っています。

この皮脂腺が大きいと、毛穴のサイズも大きくなるという事が分かっています。皮脂腺は、男性ホルモンが関係しているので、男性ホルモンの分泌量が多い人は、皮脂腺が発達していますので、毛穴が大きく見えることがあります。

そして、遺伝的に男性ホルモンの分泌量が多い人も、最初から毛穴が大きい可能性があるという事です。

このように、毛穴の大きさが気になるというケースでは、そのほとんどが毛穴が開いているという原因が隠されているのです。つまり、毛穴の開きを改善するための対処法をとれば、毛穴の大きさも気にならなくなっていくという事が分かりますね。

Posted in 基本情報

関連記事