音波クレンジングブラシで毛穴をキレイにする方法

音波クレンジングブラシを使って、毛穴をキレイにすることはできるのか?

毛穴のケアをするのが面倒という方も多いのですが、音波クレンジングブラシを使えば、ただ添えるだけで簡単に毛穴がキレイになるというイメージがあります。

そこで今回は、音波クレンジングブラシが、本当に毛穴をキレイにしてくれるのか?そして、悪影響はないのか?詳しく解説をしていきたいと思います。

音波クレンジングブラシとは?

音波クレンジングブラシというのは、毎分10000回ほどの音波振動を使って、毛穴の奥に詰まっている汚れを浮かせながら除去していくというアイテムです。

超極細毛がたっぷりとついていますので、肌に当たってもとてもソフトな感覚で、その超極細毛が毛穴1つ1つにしっかりと入り込んで、毛穴をキレイにしてくれるという特徴があります。

基本的に普段行っている洗顔やクレンジングでは、毛穴の奥の汚れというのは、なかなか取れません。だからといって、指でゴシゴシ擦っても、結果は同じです。むしろ肌を傷つけてしまうので、ゴシゴシ擦るのはダメです。そんな時に役立つのが、この音波クレンジングブラシなのです。

普段の洗顔では取ることができない、毛穴の奥の詰まりや汚れを、しっかりと掻きだしてくれるので、毛穴をスッキリさせたい人にとてもおススメです。ただ、これだけしっかり毛穴にアプローチするのであれば、それなりに悪い部分もあるのではないか?と思ってしまう人もいるでしょう。

音波クレンジングブラシのちょっと気になる点について、お話をしましょう。

音波クレンジングブラシの気になる点

音波クレンジングブラシは、使い方を間違えると肌を傷つけてしまう可能性があります。音波の力で振動して、毛穴の奥の汚れを掻きだすアイテムですから、自分の力で強く肌に押し当てる必要はありません。

しかし、毛穴の汚れを取りたいと思うばかりに、音波クレンジングブラシを強く押しあててしまうことがあります。すると、肌が傷ついてしまいますので、毛穴の汚れが取れたとしても、また毛穴が詰まってしまう可能性があるのです。

そのほかには、クレンジングや洗顔料をたっぷり使わないといけないという点です。ケチってしまい、ちょっとしかクレンジングや洗顔料を使わないでいると、肌を傷つけることがありますので、使い方をしっかりと読み、用法を守って音波クレンジングブラシを使っていただければ、大きな問題はありません。

音波クレンジングブラシの正しい使い方

それでは音波クレンジングブラシを正しくつかって、毛穴をキレイにする方法をご紹介しましょう!

  • 使う前に肌と音波クレンジングブラシを、ぬるま湯で濡らす
  • クレンジング剤をブラシに付けて、円を描くように優しくクルクル馴染ませる
  • 毛先が肌に触れる程度で優しく毛穴汚れを落とす
  • しっかりと、ぬるま湯ですすぐ、洗い残しのないようにする

洗顔をするときは、とにかく力を入れずに優しくするということを意識しましょう。クレンジング剤は、クリームタイプやミルクタイプがオススメで、オイルタイプは避けたほうがいいでしょう。

Posted in 毛穴ケア

関連記事