市販の毛穴吸引器の選び方と正しい使い方

市販されている「毛穴吸引器」が気になるという方も多いでしょう。

ただ、エステサロンで行われている毛穴吸引と、市販されている毛穴吸引では、やはりその効果に違いがあるとも言われています。やはり自分で自宅で出来るものなので、エステサロンと同じだけの効果を得ることができたら、サロンの意味がなくなってしまいますからね。

しかし、それでも毛穴吸引器は意外と人気があります。つまり、それなりに効果があって、使い勝手もいいということなのか?今回は、市販されている毛穴吸引器について、徹底的に調査してみたので、参考にしてみてください。

市販されている毛穴吸引の特徴

吸引力が物足りない

エステサロンの毛穴吸引は、とにかく徹底的に汚れを除去する力があります。しかし市販されている毛穴吸引器は、エステサロンと比較すると吸引力が物足りないです。つまり、弱いということです。毛穴の汚れをしっかり除去することができないというのが、本当の所です。

ただ、吸引力を強くしてしまうと、肌トラブルを引き起こしやすいので、これくらいの力が限界なのかもしれません。

間違った使い方でダメージ大

もしも毛穴吸引器の使い方を間違えると、大ダメージを受ける可能性があります。コストを抑える、エステサロンに通う時間を短縮できるといったメリットはあるのですが、自己流でやってしまう人が多いです。

正しい毛穴ケアのやり方を知らない素人が、市販されている毛穴吸引器を自己流で使ったら、どうなるか分かりますか?

同じ個所をずっと吸引したり、吸引力をMAXにしたり、肌に大きな負担をかけ続ける可能性があります。そうなれば、内出血をすることもありますし、色素沈着の原因になってしまう可能性があります。つまり、毛穴をキレイにしようとして、逆効果になってしまっているという事です。

汚れを取るだけ

市販されている毛穴吸引器は、汚れを取ることはできるのですが、そのあとのケアは自分でやる必要があります。エステサロンであれば、毛穴吸引の後のケアもしっかりとやってくれますので、毛穴を引き締めて保湿をして、アフターケアをセットで行っています。

こういったケアをすることで、ターンオーバーを促進させて、毛穴をキレイに保つことができます。こういったプロの技、ケアを自分でやれるかどうかという所が問題です。

市販されている毛穴吸引器の選び方

それでは、市販されている毛穴吸引器を選ぶときに、どんな事に気を付けて、何をポイントとして購入すればいいのか、おススメの選び方をご紹介します。

ミスト付き

毛穴ケアをすると、肌に負担がかかりますので、ミスト機能が付いていれば肌の負担を軽減することができます。乾燥や炎症から守ってくれますので、出来ればミスト機能が付いているものを選びましょう。

吸引力が強すぎないように

市販されている毛穴吸引器は、吸引圧のレベルが表記されています。一般的なものであれば「40~60kPa(キロパスカル)」の圧レベルになっています。数字が大きくなればなるほど、吸引力が高くなります。頑固な毛穴汚れが気になる人でも、50kPaが適しているレベルです。

吸引口・カップのチョイス

カップはアタッチメントとも呼ばれていますが、カップサイズや形状がたくさん入っていれば、それだけ毛穴に合わせて換えることができますので、吸引力を最大限に高めることができます。素材も柔らかいものが使われている方が、おススメです。

充電式・乾電池式

充電式なのか、乾電池式なのか、ライフスタイルに合わせて選んでもらうといいかなと思います。外出先でよく使用するのであれば、乾電池式は便利ですが、乾電池がたくさん必要になることがあります。充電式はフル充電で、どのくらい使えるのかをチェックしておきましょう。

防水仕様

毛穴はお風呂に入っている時に開きやすくなっていますので、防水仕様になっていれば、お風呂の中で使うことができて、とても便利です。毛穴吸引の効果が高まりますので、できれば防水仕様だと嬉しいかなと思います。

Posted in 毛穴ケア

関連記事