毛穴カバーに重要なメイク下地の選び方

毛穴が気になるときに、メイクをするのが憂鬱になることがあります。

しかし、メイクをしなければいけないという状況なので、仕方なく毛穴が凸凹している顔にメイクを施していきます。ただ、メイクで毛穴がキレイになれば、メイクをする意味もあるのですが、なかなかキレイにすることが出来ないとお悩みの方も多いですよね。

おや??メイクで毛穴の凸凹をキレイにすることが出来る!?そんな方法があるなら、今すぐに知りたい!ということで、今回はメイクで毛穴をキレイに見せる方法について、ご紹介していきたいと思います。

下地を変えたら毛穴が目立たなくなった!?

メイクをしたら、毛穴がポコポコ目立ってしまうという経験はありませんか?この状態は「毛穴落ち」というのですが、メイクの乗りが悪くなって、浮いている感じがします。こうやって気になって目立ってしまう毛穴は、下地を変えてみると、改善される可能性があります。

ファンデーションを塗ったら、毛穴が目立ってしまったという場合には、化粧下地を変えるということを考えてみましょう。

どんな下地が毛穴を目立たなくする?

化粧下地はシリコン系成分が配合されているものを選びましょう。毛穴を隠すのに、もてこいの成分です。肌の凹凸をコーディングしてくれるので、シリコン系成分はとても役に立ちます。そのほかにも、皮脂を抑える作用もありますので、化粧崩れやテカリも防止することができます。

それでは、シリコン系成分とは、どんな成分なのか?下地の成分表に記載されるシリコン系成分の名前をお伝えしておきますので、参考にして下地を選んでみてください。

  • ジメチコン
  • シクロメチコン
  • シクロペンタシロキサン
  • ポリマー

ちなみに、シリコン系成分は肌によくないと言われることがあるのですが、それは毛穴を塞いでしまうので、肌に悪いと噂されるようになったようです。

ただ、化粧品メーカーはそういった事実はないと研究結果を発表しています。それから、洗顔で落としにくい場合があるので、シリコン系成分の入った化粧品を使った時はクレンジングで落とすと、簡単に落とせます。

参照:知って、なるほど化粧品 シリコーンについて – 資生堂

毛穴タイプ別におススメの下地

たるみ毛穴

たるみ毛穴というのは、毛穴が下がってしまい、しずくのような形になってしまった毛穴の事を言います。加齢などが原因で、毛穴が広がってしまったのです。水分が失われていて、ハリが不足している状態なので、保湿をするのが毛穴改善の方法です。

そんなたるみ毛穴には、肌の引き締め効果がある下地、保湿効果が高い下地をおススメします。

つまり毛穴

毛穴が詰まっているときは、古い角質やメイクが毛穴に詰まっていますので、しっかりとメイクを落としたり、清潔に肌を保つ必要があります。毛穴がつまると、黒ずみが目立ってきます。そんな、つまり毛穴には黒ずみを改善するBBクリームなどがおススメです。

開き毛穴

開き毛穴は皮脂が多く、毛穴が開きっぱなしになっているという状態です。毛穴を埋め込んでくれる効果があり、肌を整える効果がある下地がおススメです。

Posted in 毛穴ケア

関連記事