間違ったスキンケアは毛穴の目立ちを悪化させる

毛穴を隠したいと思うばかりに、間違ったケアをしている人はとても多いです。間違ったケアを続けていると、毛穴の目立ちはどんどん悪化していきますので、改善させることが難しくなっていきます。

そこで今回は、間違った毛穴ケアを紹介しますので、これからはやらないように注意してください。もしもやっているという事があれば、すぐに中止してください。

ついやってしまう間違った毛穴ケア

何回も洗顔をする

皮脂が気になってしまう人や、角栓を除去したいと考える人の中には、1日に何回も洗顔をするという人がいます。しかし、肌が清潔になったと思いきや、一方で肌は乾燥しているという事を知ってもらいたいのです。

あまり洗顔をし過ぎると、逆に肌は乾燥状態になってしまうので、毛穴の開き、つまりを助長する可能性があります。ですから、1日に必要回数以上の洗顔をするのは、やめたほうがいいでしょう。

角栓を無理やりとる

毛穴に詰まっている角栓を無理やりとってしまう人がいます。最近は、ピンセットを使って角栓を取る人も多いようです。

しかし毛穴に詰まっている角栓を、無理やりとろうとすると、皮膚にダメージを与えることにありますので、どんどん角栓が毛穴に詰まっていくようになります。すると、乾燥肌やニキビなどの肌トラブルが発生する可能性があります。

毛穴パックのやり過ぎ

毛穴の角栓を簡単に取ることが出来るという、毛穴パックをやり過ぎると逆効果になってしまいます。使用頻度を守って使う分には、まだ大丈夫なのですが、やり過ぎてしまうと肌にダメージがかかってしまい、肌トラブルの原因になりますので注意してください。

パック後に何もしない

顔にパックを塗布して、バリバリと剥がすタイプのパックというのは、本当なら剥がれるはずではなかった角質も一緒に剥がれてしまい、肌トラブルを引き起こす可能性があります。毛穴を無理やり開いて、角栓を引っこ抜くという状態なので、毛穴の開きが目立つようになる可能性もあります。

ですから、こういった毛穴パックをしたときには、しっかりと保湿をしてあげたり、毛穴を引き締める効果のある化粧水などを使って、ケアをしてあげてください。

ピーリングのやり過ぎ

市販されているピーリングと言うのは、肌に塗布するとしばらくして、ポロポロと角質が剥がれ落ちてきます。これらのピーリングは、ほとんどが週に1~2回の使用を推奨しているのですが、それを聞かずに毎日使ってしまうと、肌が大変なことになります。

ターンオーバーが乱れてしまいますので、肌トラブルを引き起こす原因になるのです。ですから、角質が除去されるからといって、毎日ピーリングをするのはやめましょう。

毛穴対策のために知っておきたいピーリングによるケア

角栓の押し出し

角栓を毛穴からニュルっと出すのが快感だという人もいますが、この押し出し方式の角栓除去というのは、肌にとても悪影響がでてしまいます。

毛穴の周りの皮膚が傷ついてしまいますし、内出血を起こして色素沈着する場合もあります。そして、毛穴がさらに詰まってしまい、広がっていきますので、目立ってしまうのです。自分で角栓の押し出しをしないように注意してください。

Posted in 基本情報

関連記事