【毛穴のタイプ別】正しい毛穴のお手入れとスキンケア方法

毛穴のケアというのは、毛穴のタイプ別によって方法が異なります。

毛穴のタイプごとに、毛穴のケア方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

毛穴のタイプごとのお手入れ方法

たるみ毛穴のケア

たるみ毛穴というのは、年齢と共に目立ってくるものであり、とにかく根気よくケアをすることが重要となります。ポイントとなるのは保湿ケアです。それから、肌のたるみケアです。

保湿ケア

たるみ毛穴のケアで1番大切なのは、保湿をしっかりとすることです。乾燥した肌は、どんどんたるみ毛穴を目立たせていきますので、予防・抑制・改善をするためには、化粧水や美容液などを使って、しっかりと肌を保湿することが大切になります。

中でも潤いを与えるのに最適なアイテムは美容液です。美容液は保湿成分を角質層の隅々にしっかりと行き渡らせることができますので、乾燥肌を改善するにはもってこいのアイテムとなっています。

美容液の成分はセラミドもしくはコラーゲンが配合されていると、とても保湿効果が高くなりますので、お勧めです。

たるみケア

たるみ毛穴のケアとして、たるみを改善するマッサージをおススメしています。クリームやオイルを使って、顔の下から上へとマッサージをしてみてください。

ポイントは、「あごから耳下」「口元から耳」「頬骨からこめかみ」に向けて、下から上に5秒かけてマッサージをしましょう。この時、力はいれずに優しく肌を撫でるようにしてマッサージをしてください。

紫外線対策

たるみ毛穴というのは、紫外線によりさらに目立ってしまうので、夏場だけではなく1年を通して紫外線対策をしてください。日焼け止めを塗布するのはもちろん、日が強いときは日傘をさすなどして、対応していきましょう。

つまり毛穴のケア

つまり毛穴というのは、角栓が詰まっていることが原因となり、毛穴が目立つようになっている状態です。つまり、角栓を綺麗に除去できれば、毛穴が目立たなくなると言うことです。そこでポイントとなるのが、角栓除去と洗顔です。

角栓を除去する洗顔方法

まず角栓を除去する方法として有効なのが酵素洗顔です。酵素洗顔の代表的な成分は「パパイン酵素」もしくは「パイン酵素」です。

角栓はタンパク質で出来た古い角質と、皮脂が混ざっているものです。酵素洗顔はタンパク質を分解する力があります。つまり、酵素洗顔をすれば角栓を分解して、除去することができるというわけです。

ただ、酵素洗顔は肌への刺激も強いと言われていますので、使う頻度や回数は記載されている用法を守ってください。

お次は「ピーリング洗顔」です。古い角質を洗い流すことができる洗顔方法で、ピーリングをすれば毛穴が目立たなくなる効果が期待できます。ただ、ピーリング洗顔も刺激が強いと言われていますので、使う頻度や回数はしっかりと守ってください。

参照:お肌の老化を早める!?これだけはやってはいけないピーリング石鹸での洗顔方法 – ピーリング研究所

開き毛穴のケア

開き毛穴は、過剰に皮脂が分泌していますので、綺麗に皮脂を洗い流してあげる必要があります。そして、肌を清潔にしておくことが重要です。そこでポイントとなるのが『正しい洗顔』です。

洗顔とクレンジングの正しいやり方

クレンジングや洗顔をするときに、皮脂をしっかり落とそうとするあまり、皮膚をゴシゴシ擦ってしまうことがあります。しかし皮膚を擦ると、刺激が加わってしまい、乾燥の原因となってしまいます。

すると皮膚は乾燥を防ごうとして、さらに皮脂を分泌してしまうのです。そうなると、皮脂がどんどん増えていき、毛穴の開きが目立っていくようになります。これでは悪循環になってしまいます。

肌を優しく丁寧に扱って、洗顔やクレンジングをするようにしましょう。それから、蒸しタオルを洗顔前に顔にあてて、肌を柔らかくして毛穴を開くことで、余分な皮脂をキレイに洗い流すことができますので、気になる方はぜひやってみてください。

このように、毛穴タイプによって異なるケア方法がありますので、あなたがやるべきケアを見つけて、実践してみてください。

Posted in 基本情報

関連記事