毛穴対策のために知っておきたいピーリングによるケア

毛穴の目立ちをピーリングでケアすることはできるのか?

そもそもピーリングって、本当にやっても大丈夫なものなのか?まだまだピーリングに対して、疑問を持っている人は少なくありません。

そこで今回は、ピーリングで毛穴ケアができるのかどうか、そしてどんな効果が期待できるのか、どんなピーリングの種類があるのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

ピーリングの種類

まず、ピーリングにはいくつかの種類があります。ピーリングの成分、ピーリングの方法が複数ありますので、そちらをチェックしてみましょう。

ピーリングの成分

ピーリングには、肌に優しい成分もあれば、かなり強い刺激のある成分もあります。

AHA

水溶性のAHAは、市販されているピーリング剤によく使われている成分で、皮膚の結合力を弱めることで、角質を剥がすことができる成分です。『リンゴ酸・クエン酸・乳酸・グリコール酸・酒石酸・フルーツ酸』といった成分が、AHAです。

BHA

脂溶性のBHAは油の多い毛穴でも使うことができ、角質やニキビのケアにおススメの成分です。ほぼサリチル酸で出来ています。BHAのほうが肌に優しい処方になっており、角質やニキビのケアに適しているのですが、脂溶性なので乾燥肌になってしまう可能性があります。

ピーリングの方法

ふき取り化粧水

化粧水をする前、メイクの前などに使うことができるピーリング「ふき取り化粧水」です。ニキビの予防や肌荒れを防止するということで、BHAが配合されているものが多くなっています。

BHAには、殺菌効果があるので、ニキビケアなどに有効だと考えられています。化粧水を使う前に、肌に残っているメイク汚れや脂などを拭きとって、そのあとに使う化粧水が浸透しやすいように整える目的で使います。

ピーリング石鹸

皮膚を止和ラックして、優しく角質を取り除いていくピーリング成分の入った石鹸です。一般的にはAHAが配合されているものが多いです。角質を除去する効果があり、洗顔後は肌がツルツルに感じられます。

ただ、毎日使ってしまうと角質を除去しすぎてしまうので、週1~2回の使用頻度にするのがおススメです。

美容液

ピーリング効果のある美容液と言うものがあります。基本的にピーリング効果のある美容液に多いのは、ふき取りタイプの美容液です。

ピーリング成分を肌に与えても意味がないので、美容液でピーリングをするタイプであれば、コットンを使って古い角質を取り除いていくというものになります。

ピーリングジェル

一般的に良く知られているピーリングジェルは、肌に塗布するとポロポロと汚れ成分が落ちていくと言われているアイテムです。

しかし実は、あのポロポロ落ちていくものは、皮膚でも角質でも、老廃物でもありません。ポロポロしているものは、ゲル化剤が時間の経過で固まったものです。あのポロポロが、皮膚の上にある汚れを巻き込んで取り除いてくれるというアイテムです。

AHAが使われていることが多いのですが、刺激がちょっと強いので、使用頻度などには気を付けてください。

Posted in 毛穴ケア

関連記事